スポンサーリンク

マーレーループ法

・地中ケーブル線路の故障点標定法の一つ。

・地中ケーブルに地絡あるいは短絡が起こった場合、
線路全長がわかっていれば、その一端で直流ブリッジを形成し、その平衡条件より故障点までの距離を計算することができる。

タイトルとURLをコピーしました