スポンサーリンク
電験三種

低圧電路の絶縁性能

電路の絶縁ついて定めた「電気設備に関する技術基準を定める省令」の第五条は前項で取り上げました。 ここでは低圧電路の絶縁基準について取り上げましょう。 低圧電路とは低圧の電路全体のことです。 低圧電路の絶縁抵抗は、その大きさが基準と...
電験三種

高圧電路の絶縁性能

電路の絶縁は、電気を安全に使用する上で重要な要素です。 とりわけ高圧電路に関しては、絶縁性能が保たれないと絶縁破壊により大きな事故・災害に至りかねません。 そこで本項では、高圧電路の絶縁性能について取り上げます。 高圧電路の絶縁性...
電験三種

接地工事(A~D種)

接地工事はアース工事とも呼ばれていますが、絶縁と同じく人体や電気設備に損傷や破損、障害が起きないように安全のために行う工事です。 本項では、接地工事(A~D種)の法規について取り上げます。 接地工事については「電気設備に関する技術基...
スポンサーリンク
電験三種

一線地絡電流の計算式

接地工事(A〜D種)で説明したB種接地工事は、変圧器の低圧側中性点の接地で低圧側の接地でした。 工事に必要な接地抵抗値を求めるためには、変圧器の1線地絡電流を実測もしくは計算のどちらかで求めることが必要です。 本項では、1線地絡電流を求...
電験三種

過電流遮断器の施設

過電流遮断器は、許容量以上の電流が流れると電路を遮断し電流が流れな異様にする装置です。 電線や電気機械器具を過電流から保護する目的で設置されます。 本項では、過電流遮断器の施設に関する法規を取り上げましょう。 「電気設備に関する技...
電験三種

地絡継電器の施設

地絡継電器は、電路で起きる地絡を検出する機器です。 わかりやすく言うと家庭用の漏電遮断器の漏電を検知する部分で、法令では地絡遮断装置として記されています。 本項では、この地絡継電器(地絡遮断装置)の施設に関する法令を取り上げましょう。 ...
電験三種

避雷器の施設

電気機械機器などを保護し安全に使用するために設けられている設備に避雷器があります。 避雷器についても法令による規定があり、電気設備を管理するには知っておくべきです。 本項では、避雷器の施設について取り上げましょう。 避雷器の設置に...
電験三種

電路の対地電圧の制限

電気は一般の人が使用するエネルギーですから、住宅などでも感電や電気による火災がないようにしなければなりません。 それで、「電気設備技術基準の解釈」第百四十三条では、電路の対地電圧の制限が規定されています。 かなり詳細なので、ポイント...
電験三種

風圧荷重の計算

電路の中でも、架空電線は様々な荷重の影響を受けています。重力(垂直荷重)や風(風圧荷重)などです。鉄塔や電柱の倒壊防止のためにも荷重を正しく計算しなければなりません。 どこで本項では、荷重でも特に重要な風圧荷重について取り上げます。 ...
電験三種

架空電線路の施設

架空電線は人や物の安全を確保し、交通の妨げにならないように設置しなければなりません。 そのため、安全な高さや使用する電線などが明確に規定されています。 本項では、架空電線路の施設に関していくつかの規定について取り上げます。 まず、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました