OR、AND、NOT回路の概要

設備の制御ではシーケンス制御が用いられることがあります。
リレーを使ったシーケンス回路の基礎が論理回路です。
今回は基本論理回路といえるOR・AND・NOT回路について説明します。

はじめはOR回路です。
OR回路は、入力が2つ以上あるとき、いずれかの入力信号がONになると出力がONになる下記の図のような回路です。

BS1またはBS2がONになるとリレーRが閉じてLに導通します。
スイッチが並列に接続されているのがOR回路で、論理和回路とも言います。

次はAND回路です。
AND回路は、入力が2つ以上あるとき、すべての入力信号がONになると出力がONになる下記の図のような回路です。

図の通り、BS1とBS2が直列に繋がれています。すべてのスイッチがONになって初めて、リレーRがONにになりLが導通します。AND回路は論理積回路とも呼びます。

続いてNOT回路です。
NOT回路は、入力がONのときに出力がOFFになり、入力がOFFで出力がONになる回路です。

BS1がOFFになるとリレーRがONになりLが導通します。NOT回路は論理否定回路とも言います。

OR回路・AND回路・NOT回路の3つは論理回路の基本中の基本です。
各回路の名称と動作、回路をしっかり覚えておきましょう。

報告する

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。