許容電流

許容電流とは電線などに流すことのできる最大電流のことです。
電線には抵抗があるため、電流が流れるとジュール熱の法則により熱が発生します。
許容量を越えれば発火などの恐れもあります。
そのため電線には許容電流が定められてあり、配線用遮断器などでこれを保護しています。
許容電流は絶縁体の種類、電線の布設方法、周囲温度によって変化します。
許容電流には、連続して流すことの出来る常時許容電流と、短絡電流等短い時間のみ流すことができる短時間許容電流とがあります。

【関連記事】
分岐回路の許容電流設計と過電流遮断器の容量

屋内幹線の許容電流設計について

絶縁電線およびコードの許容電流について


技能試験全13問の複線図の書き方はこちら


エレペディアはみんなのデンキ塾が運営する
電気資格に特化した情報サイトです。
現在400名が参加中!
電気工事士や電気主任技術者など
資格合格を目指す人が集まる無料のオンラインサロン
【みんなのデンキ塾】

現役の電気主任技術者も参加しています
参加は公式LINEから↓↓


参加申請は公式LINEへ


【技能試験対策におすすめ】

工具&材料セットはこちら↓↓


【第二種電気工事士技能試験セット】【2022年度】【楽天最安値に挑戦】【即日発送】IK21オリジナルコンプリートセット〓電線、器具はもちろん、ホーザン製合格クリップ付属工具までセットにしました♪〓IK21-001

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。