電気工事士

スポンサーリンク
電気工事士

複線図を書く基本手順

技能試験では単線図をもとに複線図を書いてから作業をする必要があります。 複線図を書かなくても合否には関係ありませんが、 結線間違いなどを防ぐためにも複線図を書くことをおすすめします。 複線図は基本手順に従って書くと誰でも書...
電気工事士

【画像あり】欠陥例一覧【第二種電気工事士 技能試験対策】 

電気技術者試験センターより「欠陥の判断基準」について公開されています。 ここでは欠陥例の画像も踏まえて欠陥となるポイントを解説致します。 1.未完成のもの 2.配置,寸法,接続方法等の相違 2-1.配線,器具の配置が配線...
電気工事士

地中埋設工事とは

地中埋設工事とは、庭園灯や門灯を設置するときなど、建物から離れた場所にある照明設備に電路を引く場合に、地面の中に電線を通す工事をいいます。
スポンサーリンク
電気工事士

ショウウィンドウ内工事とは

ショウウィンドウ内工事とは、お店などでよく見かけるショウウィンドウやショウケースの中に、電線や照明器具を設置・施工する工事です。ショウウィンドウ内工事で行われる造営材への取り付け、電線の支持点間距離、電線の接続方法など、詳しい施工ルールについて見ていきましょう
電気工事士

ネオン放電灯工事とは

ネオン放電灯工事は「管灯回路の使用電圧が1,000〔V〕を超える、ネオン放電管を使用した工事」と定義されています。店舗などでよく見かけるネオンサインです。
電気工事士

がいし引き工事とは

がいし引き工事とは、がいしを造営材に取り付け、絶縁電線をがいしに支持する配線工事方法です。 がいしとがいしの取り付け間隔は、電線を造営材の下面または側面に沿って取り付ける場合は2〔m〕以下です。
電気工事士

ライティングダクト工事とは

ライティングダクトの支持点間距離は、2〔m〕以下になるように施設します。 また、終端部は閉そくします。
電気工事士

金属ダクト工事とは

金属ダクト工事とは、工場やビルなどの配線で、太い電線またはケーブルを収める場合に使用される配線工事方法です。 金属ダクトの支持点間距離は、3〔m〕以下になるように施設します。 ただし、取扱者以外の者が出入りできないように措置した場所で垂直に取り付ける場合は6〔m〕以下で施設が可能です。
電気工事士

金属線ぴ工事とは

金属線ぴ工事とは、金属製のベースとカバーからなり、事務所などの露出工事や金属管工事などと併用した配線工事に使用される工事方法です。 金属線ぴは幅5cm以下、肉厚0.5mm以上の樋(とい)で、中に電線を収めて敷設します。
電気工事士

金属可とう電線管工事とは

金属可とう電線管とは、可とう性があり屈曲が容易な金属製の電線管です。 1種金属可とう電線管 曲げる内側の半径は管内径の6倍以上にします。 2種金属可とう電線管 曲げる内側の半径は管内径の6倍以上にします。 ただし露出場所または点検できる隠ぺい場所においては、内側の半径は管内径の3倍以上とすることができます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました