電験三種【法規】

スポンサーリンク
電験三種

電気主任技術者の選任について

電気事業法 第四十三条では「事業用電気工作物を設置する者は、事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督をさせるため、主務省令で定めるところにより、主任技術者免状の交付を受けている者のうちから、主任技術者を選任しなければならない。」と定められています。
電験三種

保安規程とは

保安規定とは、事業用電気工作物を設置した場合に作成するマニュアルです。現場で事故がないようにそれぞれの工作物に合わせて作成します。
電験三種

電気設備技術基準への適合義務について

電気事業法第三十九条には、技術基準に適合した維持管理がされるよう次のように定められています。
スポンサーリンク
電験三種

電気工作物の事故報告について

報告すべき事故内容を大きく分類すると、感電や火災・電気工作物に破損による人の死傷事故・他の物件への破損や損傷・停電などの被害になります。
電験三種

電路の絶縁について

電路は、大地から絶縁しなければならない。ただし、構造上やむを得ない場合であって通常予見される使用形態を考慮し危険のおそれがない場合、又は混触による高電圧の侵入等の異常が発生した際の危険を回避するための接地その他の保安上必要な措置を講ずる場合は、この限りでない。
電験三種

低圧電路の絶縁性能について

電気使用場所における使用電圧が低圧の電路の電線相互間及び電路と大地との間の絶縁抵抗は、開閉器又は過電流遮断器で区切ることのできる電路ごとに、次の表の上欄に掲げる電路の使用電圧の区分に応じ、それぞれ同表の下欄に掲げる値以上でなければならない。
電験三種

高圧電路の絶縁性能について

試験電圧を電路と大地との間(多心ケーブルにあっては、心線相互間及び心線と大地との 間)に連続して10分間加えたとき、これに耐える性能を有すること。
電験三種

接地工事の種類について

接地工事はアース工事とも呼ばれていますが、絶縁と同じく人体や電気設備に損傷や破損、障害が起きないように安全のために行う工事です。 本項では、接地工事(A~D種)の法規について取り上げます。
電験三種

一線地絡電流の計算式について

工事に必要な接地抵抗値を求めるためには、変圧器の1線地絡電流を実測もしくは計算のどちらかで求めることが必要です。 本項では、1線地絡電流を求める計算式を取り上げます。
電験三種

過電流遮断器の設置目的について

過電流遮断器は、許容量以上の電流が流れると電路を遮断し電流が流れな異様にする装置です。 電線や電気機械器具を過電流から保護する目的で設置されます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました