電験三種【電力】

スポンサーリンク
電験三種

水車の種類と特徴

発電用の水車には、大きく分けて衝動水車と反動水車があります。 それぞれの水車の構造と特徴について説明しましょう。
電験三種

水力発電所の概要

水力発電は、水の持つ位置エネルギーや圧力エネルギー、そして速度エネルギーから電気エネルギーを生み出します。
電験三種

水力発電所の出力

水力発電の出力に関係しているのは、落差と水の流量という二つの要素です。 落差とは、水車が動力を得られる位置までの水位の差のことで、取水口から放水口までの水位差を総落差、総落差から損失分を差し引いた落差を有効落差といいます。
スポンサーリンク
電験三種

揚水式発電所

揚水式発電とは、低地の水を揚水つまり汲み上げて、必要な時にその水を流して発電する方式です。
電験三種

汽力発電所の概要

汽力発電とは、熱によって発生させた蒸気でタービンを回転させて発電する方式です。 内燃力発電は、ディーゼル機関やガス機関を動力として発電する方式で、ガスタービン発電はその名の通りガスタービンを動力として発電する方式です。
電験三種

汽力発電の熱サイクルについて

汽力発電の基本となる水や蒸気のサイクルをランキンサイクルといいます。
電験三種

ボイラの種類や特徴について

発電に利用されるボイラは自然循環ボイラ、強制循環ボイラ、貫流ボイラの3つの種類があります。
電験三種

タービンの種類と特徴について

蒸気タービンには復水タービン、再熱タービン、再生タービン、再熱再生タービンの4つがあります。 また、高圧用、中圧用、低圧用などのものがあり、タービンを直列に配列するタンデムコンパウンドタービンと並列に配列するクロスコンパウンドタービンがあります。
電験三種

汽力発電の効率について

効率とは、使った力に対して得られた力の比率といえます。汽力発電の場合、燃料の持つエネルギーがどれだけ送電する電力になったかということです。
電験三種

ディーゼル発電とガスタービン発電について

ガスタービン発電は、圧縮した空気を燃焼機で高温・高圧の燃焼ガスを作り、タービンを回転させる発電方式です。 タービンが小型で運転開始と停止が行いやすく建設費が安いというのがメリットといえるでしょう。 ガスタービン発電は、圧縮する空気をどこから取るかによって2つの種類があります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました