電験三種

スポンサーリンク
電験三種

三相交流とは

三相交流とは簡単に言うと、単相交流を3つ重ね合わせたものです。 その3つの交流は、1/3(2/3π)ずつ位相がズレていて、起電力と周波数が等しくなっています。
電験三種

三相交流の消費電力

三相交流の中には単相交流が3つあるわけですが、単純に電力が3倍になるわけではありません。 本項では三相交流の消費電力、三相電力について取り上げます。
電験三種

Y結線とΔ結線の基礎

三相交流は単相交流を3つ合わせたような回路で、Y(スター)結線・Δ(デルタ)結線があります。 本項ではY結線とΔ結線の基礎を取り上げます。
スポンサーリンク
電験三種

Δ-Y変換とY-Δ変換の方法

本項では結線方式を変換する方法を説明しましょう。 変換方法毎に負荷の平衡・不平衡での計算式も説明していきます。 変換が必要なのは2パターン、Δ→Y変換とY→Δ変換です。 どちらも負荷側を電源側の結線に合わせて変換する方法を説明します。
電験三種

V結線の基礎

三相交流の結線の中に変則的なものとしてV結線があります。 変電設備等の実務では多く使われている方式で、試験でも時折出題される項目です。 そこで本項ではV結線の基礎を説明します。
電験三種

異容量V-V結線方式の特徴

三相のV結線の中には容量が異なる変圧器が接続された異容量V-V結線があります。 変則的な結線ですが、電力会社の柱上変圧器などでよく用いられているので、試験対策のみならず実務でも理解しておくと良い項目です。
電験三種

スコットトランスの概要

スコットトランスは、三相を二相に変換するのでV結線の逆と考えるとわかりやすいでしょう。単相を2つ取れるのはメリットと言えます。
電験三種

ダイオードの概要

ダイオードはp型半導体とn型半導体を接合したもので、下記の記号で表されます。 ダイオードに正の電圧がかかると自由電子は正孔へと移動しますが、電流は自由電子の移動と逆向きで流れるので、A→Kへは電流が流れるわけです。
電験三種

真性半導体、p型半導体、n形半導体について

半導体とはある程度電気を流す導体と絶縁体の中間のような作用をする物質で、真性半導体と不純物半導体(p型半導体とn型半導体)があります。 今回は半導体の基礎となる真性半導体、そしてp型半導体とn型半導体を説明します。
電験三種

トランジスタの構造と役割

トランジスタから出ている三つの端子は、C(コレクタ)・B(ベース)・E(エミッタ)と呼ばれています。npn型の場合はベースがp型半導体、pnp型の場合はその逆となり、記号図は下記の通りです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました