電路の対地電圧の制限

電気は一般の人が使用するエネルギーですから、住宅などでも感電や電気による火災がないようにしなければなりません。

それで、「電気設備技術基準の解釈」第百四十三条では、電路の対地電圧の制限が規定されています。
かなり詳細なので、ポイントとなる点を抜粋して下記に記します。

第百四十三条
第一項
住宅の屋内電路の対地電圧は、150V以下であること。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、この限りでない。
1、定格消費電力が2kW以上の電気機械器具及びこれに電気を供給する屋内配線を次により施設する場合
電気機械器具の使用電圧及びこれに電気を供給する屋内配線の対地電圧は、300V以下であること。
ハ 屋内配線には、簡易接触防護措置を施すこと。
ニ 電気機械器具には、簡易接触防護措置を施すこと。
ホ 電気機械器具は、屋内配線と直接接続して施設すること。

2、 当該住宅以外の場所に電気を供給するための屋内配線を次により施設する場合
イ 屋内配線の対地電圧は、300V以下であること。
ロ 人が触れるおそれがない隠ぺい場所に合成樹脂管工事、金属管工事又はケーブル工事により施設すること。

第二項
住宅以外の場所の屋内に施設する家庭用電気機械器具に電気を供給する屋内電路の対地電圧は、150V以下であること。ただし、家庭用電気機械器具並びにこれに電気を供給する屋内配線及びこれに施設する配線器具を、次の各号のいずれかにより施設する場合は、300V以下とすることができる。
1、前項第一号ロからホまでの規定に準じて施設すること。
2、簡易接触防護措置を施すこと。ただし、取扱者以外の者が立ち入らない場所にあっては、この限りでない。

第三項
白熱電灯に電気を供給する電路の対地電圧は、 150V以下であること。ただし、住宅以外の場所において、次の各号により白熱電灯を施設する場合は、300V以下 とすることができる。
1、白熱電灯及びこれに附属する電線には、接触防護措置を施すこと。
2、白熱電灯(機械装置に附属するものを除く。)は、屋内配線と直接接続して施設すること。 三 白熱電灯の電球受口は、キーその他の点滅機構のないものであること。

150V、300Vという数字が頻出してきます。適用される条件の違いを明確に覚えておきましょう。この部分は、表現が似ていますので詳細な部分まで暗記できるよう繰り返し読むようにして下さい。

今回取り上げていませんが、第一項には太陽光発電設備や蓄電池設備に関しても規定されています。主任技術者としては使用しませんが、今後試験では出るかもしれないので目を通しておくと良いでしょう。


技能試験全13問の複線図の書き方はこちら


エレペディアはみんなのデンキ塾が運営する
電気資格に特化した情報サイトです。
現在400名が参加中!
電気工事士や電気主任技術者など
資格合格を目指す人が集まる無料のオンラインサロン
【みんなのデンキ塾】

現役の電気主任技術者も参加しています
参加は公式LINEから↓↓


参加申請は公式LINEへ


【技能試験対策におすすめ】

工具&材料セットはこちら↓↓


【第二種電気工事士技能試験セット】【2022年度】【楽天最安値に挑戦】【即日発送】IK21オリジナルコンプリートセット〓電線、器具はもちろん、ホーザン製合格クリップ付属工具までセットにしました♪〓IK21-001

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。