電線の接続について

第二種電気工事士合格講座、今回は電線の接続について解説します。電気工事ではどの現場でも必要とされる技術です。使用する材料や工具も合わせてしっかり学習しましょう。

 

電線接続の基本的な条件(電気抵抗、絶縁処理)

 

実技試験にも出てくる項目です。では詳しくみていきましょう。

 

 

電線接続の基本条件

電線同士の接続には、以下の条件が定められています。

  1. 電線の電気抵抗を増加させないこと。
  2. 電線の引張り強さを20〔%〕以上減少させないこと。
  3. 接続部分にはリングスリーブ差込形コネクタを用いるか、または電線相互をはんだ付けすること。
  4. 接続部分は絶縁効力のあるもので十分被覆をすること。
  5. コード相互、キャブタイヤケーブル相互、ケーブル相互を接続する場合は、コード接続器、接続箱その他器具を使用して接続すること。
  6. 導体にアルミニウムを使用する電線と銅を使用する電線を接続するなど、電気化学的に性質の異なる導体を接続する場合には、接続部分に電気的腐食を生じないようにすること。

 

 

電線相互の接続方法

電線同士の接続にはいくつかの方法があります。それぞれの使用する材料や工具、技術についてみていきましょう。

 

リングスリーブによる接続

リングスリーブとは、電線同士を接続する際に使う鉛製で筒状の接続用材料です。被覆を剥がした芯線数本をスリーブに差し込み、圧着して電線相互を接続します。接続後は絶縁テープを巻いて絶縁します。大きさには小、中、大の3つがあり、電線の太さと本数によって使用するスリーブの大きさは決められています。

 

 

差込形コネクタによる接続


電線同士を接続するための材料です。電線の被覆を剥ぎ、芯線を差し込むことで接続ができます。圧着ペンチを使わないので比較的簡単です。接続後、絶縁テープを巻く必要がありません。

 

コード相互を接続する方法


コード端部に取り付けられたコードコネクタ同士を差し込むことで接続します。
接続部分に絶縁処理を必要としません。

 

 

試験に出題される問題を実際に解いてみよう

【例題】単相100〔V〕の屋内配線工事における絶縁電線相互の接続で、不適切なものは次のうちどれか。

イ、 絶縁電線の絶縁物と同等以上の絶縁効力のあるもので十分被覆した。
ロ、 電線の引張り強さが15〔%〕減少した。
ハ、 終端部を圧着接続するのにリングスリーブE形を使用した。
ニ、 電線の電気抵抗が10〔%〕増加した。

 

【解説】

電線接続の基本条件には「電線の電気抵抗を増加させないこと」と定められています。の電線の電気抵抗が10〔%〕増加したのは不適切となります。

 

正解:ニ

 

 

まとめ:電線の接続は筆記・実技ともに出題される

今回は電線の接続について解説しました。電気工事においては電線同士を接続する場面は必ずと言っていいほどあり、その接続部は抵抗を増やさない、絶縁処理をするなどの基本条件が定められています。これらの適正な技術によって、工作物に接続された電気機器や器具が正常に動作するのですね。第二種電気工事士の試験では筆記・実技のいずれにも出題されます。筆記の学習では問題を繰り返し解く、実技の練習では同じことを反復することで身に付きます。毎日継続して自信をつけましょう。



現在400名が参加中!
電気工事士や電気主任技術者など
資格合格を目指す人が集まる無料のオンラインサロン
【みんなのデンキ塾】

完全無料で参加できます!
参加はこちら↓↓



関連記事