磁気回路とは

回路というと電気回路がすぐに浮かぶと思います。
電気回路は基本的な要素として電圧と電流と抵抗で構成されていますが、磁気回路は、起磁力・磁束・磁気抵抗が構成されます。

次の図が磁気回路の基本構成です。

ではそれぞれの要素について取り上げましょう。

まず起磁力です。
これは電気回路の電圧に対応するもので、コイルに電流が流れることによって生み出される力で次のような式になります。

F=NI(A:アンペア)

F:起磁力(A:アンペア)
N:コイルの巻数
I:電流(A:アンペア)
コイルの巻数、電流の各々の値が大きいほど起磁力も大きくなります。

磁束については、他の項で取り上げましたので参照してください。

次に磁気抵抗です。
関係する要素は、コイルを巻いた導体(磁気回路)の長さと断面積、そして導体の透磁率で次の式で表します。

Rm=l/μS

Rm:磁気抵抗(H-1:毎ヘンリー)
l:磁気回路の長さ(m:メートル)
S:磁気回路の断面積(㎡:平方メートル)
μ:透磁率(H/m:ヘンリー毎メートル)

透磁率とは、導体の磁束の通しやすさを表す定数で、物質ごとに異なります。
しかし、各物質の透磁率そのものよりも真空の透磁率μ0(4π×10-7)の何倍になるかという比透磁率μrが用いられ、磁気抵抗の式は下記です。

Rm=l/μ0μrS

応用ですが、参考までに覚えておいてください。

磁気回路は、電気回路の対応すると書きました。
つまり上記の要素を用いると磁気回路でもオームの法則のような次の法則が当てはまります。

F=φRm(A)

この式は磁気回路の基礎となるので、必ず覚えてください。
起磁力・磁束・磁気抵抗の関係をよく理解して応用できるようにしておきましょう。




エレペディアはみんなのデンキ塾のメンバーにより執筆しています!現在270名が参加中!
電気工事士や電気主任技術者などの
資格合格を目指す人が集まるオンラインサロン
【みんなのデンキ塾】
電験ホルダーも50名以上参加中!
グループチャットツールを使用して 全国の受験生や講師と交流できます
ZOOMを活用したオンライン講義や
リアルタイムで疑問など質問できるZOOM勉強ルームなど
受験生の合格をサポートしています!

完全無料で参加できます!
参加はこちら↓↓

公式LINEへ参加申請


報告する

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。