ユニットプライス方式

発注者が工事を区分ごとに労務費、材料費、機械損料費、諸経費等を原価計算的に積み上げ価格の根拠にする。




現在500名が参加中!
電気工事士や電気主任技術者など
資格合格を目指す人が集まる無料のオンラインサロン
【みんなのデンキ塾】

現役の電気主任技術者も参加しています
参加は公式LINEから↓↓


参加申請は公式LINEへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。